脊椎内視鏡外科

診療内容

上肢や下肢にしびれや痛みが出現する原因として、脊椎(せぼね)を構成している椎間板・椎骨・黄色靱帯などの変性肥厚(老化)により、脊髄や馬尾・神経根が圧迫されて起こるものがほとんどです。投薬やブロック注射では効果がない場合、そのしびれや痛みの責任高位を的確に診断し脊椎内視鏡でピンポイントに手術治療を行うのが脊椎内視鏡外科です。16mmほどの皮膚切開で筋肉の間から神経除圧が行えるので、早期離床も可能となり術後1~2日目に退院することも可能です。

脊椎内視鏡外科の特徴

整形外科や脳神経外科で加療する脊椎脊髄病を治療の対象としており、保存加療で効果がない場合に脊椎内視鏡を用いた高度な低侵襲手術を行います。全身麻酔下にMETRxシステムを用いて脊椎後方(背中側)から、通常は2椎間までは1皮切(16mmほど)で手術を行います。従来法と比べると、出血量はかなり少なく手術時間も短時間でありますので、手術中は尿道バルーンも通常は留置しません。術後の痛みも少ないため、麻酔覚醒後から早期離床が可能であり、背筋に対して低侵襲でもあるためコルセットやカラーは不要であり、術後のリハビリ入院もほとんどの場合不要となります。
ドレーン(創部に入れた血抜きの管)が抜去できれば1~3泊ほどで独歩退院 でき、早期退院・社会復帰も可能となります。

対象となる主な疾患

  • 腰椎疾患
    椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、椎間孔部狭窄症、変性すべり症、分離すべり症、脊柱管内嚢腫病変(椎間関節嚢腫、椎間板嚢腫など)、変性側弯症、Failed back surgery(腰椎多数回手術後)など
  • 頚椎疾患
    椎間板ヘルニア、頚椎症性神経根症、頚髄症、黄色靱帯石灰化症 など
  • 胸椎疾患
    椎間板ヘルニア、黄色靱帯骨化症、円錐上部症候群、胸髄症 など

こんな症状の方は脊椎内視鏡外科を受診してください

下肢の症状

  • 腰・臀部(おしり)~大腿(太もも)・下腿(ふくらはぎ)・足の指にかけてしびれや痛みが出現し、日常生活が困難となってきた。
  • 長く立っていたり歩いていくと、下肢がだるくなってくる・しびれがでてくる・足が前に出なくなってくるなどの症状が出現し、しゃがみこむあるいは前かがみの姿勢で少し休むとまた歩けるようになる(間欠性跛行:かんけつせいはこう)という症状を認める。
  • 腰をそったり、上を向いて寝ていると、臀部から足にかけて電気が走るような痛みが出現してくるもの。あるいは、横向きでないと寝ることができない。
  • 長く歩いていくとつまづいてこけそうになったり、膝の力が抜けて歩けなくなってくるのだが、腰を曲げて歩くと長く歩ける。

上肢の症状

  • 首(頚椎)から腕や指先にかけてしびれや痛みが出現して、日常生活が一部困難となってきた。
  • 箸使い・ボタンはめ・書字など(巧緻運動障害:こうちうんどうしょうがい)がしづらくなってきた。
  • 歩いていくと膝がガクッと力が抜けたり、足先がよくつまづいてこけそうになったりしてきた。
  • 階段は手すりを使えば登れるが、降りるのがスムースに降りれずに怖くなってきた。
  • 空を見上げたり、うがいをした時などに、首から腕や手の指あるいは背中全体に電気が走るような痛みがでてきた。
  • 手に持ったものを容易に落とすようになったり、腕や足に力が入りづらくなってきたもの。
  • 上を向いて横になると、上肢に痛みやしびれが出現して寝ることができない。
  • 午前中は調子は良いが、午後から夕方になってくると、腰や下肢が重だるくなってくる。

※腰痛や肩こりのみで、上肢や下肢にしびれや痛みがない場合には、手術適応となりません。

※長く立っていたり歩いていくと出現してくるしびれは手術後には軽快しますが、安静時(寝ていたり座っていて感じるもの)にしびれがある場合は、手術をしてもよくなるかどうかはわかりません。特に1年以上前から安静時のしびれを自覚している場合には、手術をしてもしびれは改善せずに遺残してしまいます。

※安静時のしびれを自覚したら、できるだけ早期の手術をお勧めします。

担当医紹介

河合 将紀(かわい まさき)

【略歴】
和歌山県立医科大学(平成5年)
【専門】
脊椎脊髄病、脊椎内視鏡手術
【資格】
脊椎脊髄病医
運動器リハビリテーション医
脊椎内視鏡下手術・技術認定医
脊椎脊髄外科指導医
整形外科専門医
脊椎脊髄病専門医
【所属学会】
日本整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会
【ひとこと】
和歌山県立医科大学整形外科にて、1999年から脊椎内視鏡手術治療に特化して取り組み、この20年間で4400例におよぶ手術を経験いたしました。高齢者社会となった今、寝たきりとならずにできるだけ自分の足で立って歩けるような生活を送れるお手伝いをさせていただきたいと思います。しびれや神経痛でお困りでしたら、お気軽に診察にお越しください。