脊椎内視鏡外科

診療内容と特色

脊椎内視鏡外科とは、脊椎変性疾患(せぼねの老化による病気)に対して、脊椎内視鏡を用いて背中(後方)から神経除圧を行うことに特化した脊椎外科です。脊椎内視鏡手術は、傷が小さく(1円玉ほど)身体への負担が少ないため、術後の回復が早く元の生活に早く戻ることができます。輸血は不要で術後コルセットも不要であり、経過が良好であれば術後1日~2日目でも退院可能となります。全身麻酔をかけることができれば、特に年齢制限もなく行うことができます。手足のしびれ・坐骨神経痛・腰痛・肩こり・背部痛・歩行障害などでお困りの患者さんで、整形外科やペインクリニックなどで保存加療を受けているが症状が改善しない場合は、当科を受診してお気軽にご相談ください。

脊椎内視鏡外科の手術適応疾患

せぼねの中に神経の通り道(脊柱管および椎間孔)があり、せぼねの老化により神経の通り道が狭くなっていきます(脊椎変性)。脊椎変性が進行すると脊髄・馬尾・神経根を圧迫するようになり、圧迫が進行すると神経の血流が悪くなるため様々な神経症状を呈するようになります。自覚症状が軽度であるからと言って放置すれば、長年の積み重ねによって神経麻痺をきたして寝たきりなったり、膀胱直腸障害をきたして排尿排便困難となる場合もあります。超高齢化社会となっているわが国では、このような脊椎変性疾患は脊椎脊髄病の約9割を占めています。

下記のような脊椎変性疾患が手術適応となります。

1) 腰椎疾患
椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、椎間孔部狭窄症、変性すべり症、分離すべり症、脊柱管内嚢腫病変(椎間関節嚢腫、椎間板嚢腫など)、変性側弯症、Failed back surgery(腰椎多数回手術後)など
脊椎変性疾患の約75%に該当します。
2) 頚椎疾患
椎間板ヘルニア、頚椎症性神経根症、頚髄症、黄色靱帯石灰化症 など
脊椎変性疾患の約25%に該当します。
3) 胸椎疾患
椎間板ヘルニア、黄色靱帯骨化症、円錐上部症候群、胸髄症 など
脊椎変性疾患の約5%に該当します。

注)脊髄・馬尾・神経根が画像上神経圧迫を認めても無症状の場合も多々あり、その場合は手術適応とはなりません。

※脊椎内視鏡手術の適応外となる疾患(脊椎固定術の適応となります)

  • 脊柱靱帯骨化症:後縦靭帯骨化症
  • 脊椎外傷:頚椎脱臼骨折、胸腰椎破裂骨折など
  • 脊髄損傷:不安定性椎体骨折、髄内出血など
  • 脊椎感染症:化膿性椎間板炎など
  • 脊椎腫瘍・脊髄腫瘍:椎体巨細胞腫、神経鞘腫など
  • 脊椎椎体圧迫骨折:骨粗鬆症、椎体腫瘍など
  • 脊柱側弯症・後弯症:思春期側弯症、変性側弯症など
  • その他:リウマチ性脊椎炎、透析性脊椎症など

こんな症状の方は脊椎内視鏡外科を受診してください

1)下肢の症状
  • 腰・臀部(おしり)~大腿(太もも)・下腿(ふくらはぎ)・足の指にかけてしびれや痛みが出現し、日常生活が困難となってきた。
  • 長く立っていたり歩いていくと、下肢がだるくなってくる・しびれがでてくる・足が前に出なくなってくるなどの症状が出現し、しゃがみこむあるいは前かがみの姿勢で少し休むとまた歩けるようになる(間欠性跛行:かんけつせいはこう)という症状を認める。
  • 腰をそったり、上を向いて寝ていると、臀部から足にかけて電気が走るような痛みが出現してくるようになった。あるいは、横向きでないと寝ることができなくなってきた。
  • 長く歩いていくとつまづいてこけそうになったり、膝の力が抜けて歩けなくなってくるのだが、腰を曲げて歩くと長く歩ける。
坐骨神経痛と下肢のしびれ 間欠性跛行(かんけつせいはこう)立位歩行が途中で休まないとできない状態
2)上肢の症状
  • 首(頚椎)から腕や指先にかけてしびれや痛みが出現して、日常生活が一部困難となってきた。
  • 箸使い・ボタンはめ・書字など(巧緻運動障害:こうちうんどうしょうがい)がしづらくなってきた。
  • 歩いていくと膝がガクッと力が抜けたり、足先がよくつまづいてこけそうになったりしてきた。
  • 階段は手すりを使えば登れるが、降りるのがスムースに降りれずに怖くなってきた。
  • 空を見上げたり、うがいをした時などに、首から腕や手の指あるいは背中全体に電気が走るような痛みがでてきた。
  • 手に持ったものを容易に落とすようになったり、腕や足に力が入りづらくなってきた。
  • 上を向いて横になると、上肢に痛みやしびれが出現して寝ることができなくなってきた。
  • 午前中は調子良いが、午後から夕方になってくると腰や下肢が重だるくなってくる。

※腰痛や肩こりのみで上肢や下肢にしびれや痛みがない場合には、脊椎内視鏡手術の適応とはなりません。

※長く立っていたり歩いていくと出現してくるしびれは手術後には軽快しますが、安静時(寝ていたり座っていて感じるもの)にしびれがある場合は、手術をしてもよくなるかどうかはわかりません。特に1年以上前から安静時のしびれを自覚している場合には、手術をしてもしびれは改善せずに遺残してしまいます。

※安静時のしびれを自覚したら、できるだけ早期の手術をお勧めします。

日本で生まれた脊椎内視鏡手術

Foley教授
2008 米国メンフィスにて
MEDを開発したFoley教授

1997年腰椎椎間板ヘルニアに対して脊椎内視鏡を用いた低侵襲手術(MED)が米国から論文報告され、1998年10月に厚生労働省がMEDを認可し日本でも手術できるようになりました。和歌山県立医大の整形外科学教室は、この手術をいち早く取り込んで日本人の様々な脊椎変性疾患に対応できるように手術器具や光学医療機器を新たに開発しました。その結果、新たな手術法(MEF・MEL・MELF・tabdem手術など)を作り上げ、低侵襲化された脊椎内視鏡手術が完成しました。
2004年日本整形外科学会は脊椎内視鏡下手術技術認定医制度を設立し、安全に手術が行える手術技術認定医の育成を開始しました。2005年に脊椎内視鏡手術は保険適応となり、次第に全国へと普及していきました。その結果、低侵襲な手術であるだけでなく、術後の短期成績や中期成績が良好であり、最近では長期成績もきわめて良好であることも判明しています。

脊椎内視鏡手術の実際

全身麻酔下に、患者様は腹臥位で、術者一人でモニター画面をみながら手術を行います。

脊椎内視鏡手術
  • 1) 手術部位を透視画面で確認してマークします
  • 2) 17mmほどの皮膚切開を加えます
  • 3)筋肉線維間を拡大する
  • 4)円筒内に内視鏡を設置
  • 5)脊柱管内の術後は、ドレーン(血抜きの管)を留置し、
    皮下埋没縫合して皮膚はテープ固定する(抜糸不要)

脊椎内視鏡手術と従来法の創部

腰椎従来法 腰椎内視鏡
頚椎従来法 頚椎内視鏡

脊椎内視鏡外科の診察日・手術日・入院手術費用(概算)

診察は、予約制にしております。予約なしで来院された場合は、お待ちいただければ診察させていただきます。なお、確定診断を行うのに診察及び画像検査(レントゲン・MRI・CTなど)が必要です。お近くで撮影された画像検査があれば、来院時に持参していただければスムースに診察をすすめることができます。

診療時間
午前
(9:00~11:40)
手術 延與 河合 手術 手術
午後
(13:20~16:20)
河合 - 河合 手術 河合

(この予定は、2021年4月1日現在であり、変更となる場合があります。)

入院・手術費用のご案内

脊椎内視鏡手術における入院経過

術後経過が良好な場合、下記のような入院経過となります。

1日目
手術前日に入院(入院後にオリエンテーションがあります。)
2日目
午前中に全身麻酔で手術を施行(朝から絶食となります。)
帰室後から自己体交可能(希望者以外は、手術中に尿道バルーンはいれません。)
術後3時間で麻酔が覚醒すれば独歩可能(翌朝まで点滴ルートを留置します。)
3日目
椎間板ヘルニアや頚椎症の場合は、ドレーン抜去後に退院可能です。
腰椎椎間孔部狭窄症も、翌日に退院可能です。
4日目
上記以外の手術患者さんが、ドレーン抜去後に退院可能です。
(金曜日が手術の患者さんは、4日目が日曜となりますので5日目の月曜に退院可能となります)。

注)入院期間は、術後経過で延長となる場合があります。また、術前に神経麻痺が強い患者では、術後リハビリを追加して入院も延長となります。

手術後の注意および再診などについて

  • 退院時には、創部に防水テープを貼って帰宅していただきますが、傷口は完全に治ったわけではありません。シャワー浴はOKですが、テープ部位をごしごしとこすらないようにしてください。
  • 退院後1週間たてば、ご自分でテープをはがしてもらいますが、その日もシャワー浴にしてください。テープをはがした翌日から、傷口に問題がなければ入浴していただいて結構です。
  • 帰宅後に問題がなければ、次回の再診は1カ月先で結構です。傷口の確認にこれるようであれば、退院後1週間目に再診してください。
  • 帰宅後から自転車や自動車などに乗っていただいてもかまいませんが、汗をかいたり体がつかれたりしないようにしてください。帰宅後から大事なことは、傷口が早く治ることと、できるだけ安静はとらずにもとの生活にもどしていくように努めてください。
  • 椎間板ヘルニアの場合は、断裂した椎間板が治癒するのに術後6週間(術後1か月半)かかります。それまでは、中腰をとったり、20Kg以上の重いものを持ったり、飛んだり跳ねたり、いきんだりしますと、ヘルニアが早期再発する可能性が高まりますので、地面のものを拾うときなどは膝をまげて腰をぐんとまげないように注意してください。
    コルセットをまく必要はありません。なお、術後6週立てば、それらもしていただけるようになり、スポーツ復帰も可能となります。
  • 椎間板ヘルニア以外の方は、術後3週ほどで深部の傷も治癒しますので、術後3週までは体に負担がかかる動作は避けておいてください。術後3週以降は、少しづつ禁止していたことも再開していただき、スポーツなども復帰していただいて結構です。
  • 術後経過が良好であれば3カ月目にMRIなどを再検し、問題なければ治癒として治療を終了いたします。
  • 退院後に、何か問題があれば予約なしに再診していただいても結構です。

脊椎内視鏡外科の実績

2021年1月12日から開設のため、今は実績がありません。

担当医紹介

河合 将紀(かわい まさき)

【略歴】
和歌山県立医科大学(平成5年卒)
【職歴】
和歌山県立医科大学付属病院 整形外科 助教
角谷整形外科病院 脊椎外科 副院長
紀南病院 整形外科 部長
多根総合病院 脊椎内視鏡外科 部長
あいちせぼね病院 脊椎外科 部長 など
【専門】
脊椎脊髄病、特に脊椎内視鏡手術
【資格】
日本整形外科学会:脊椎脊髄病医
運動器リハビリテーション医
脊椎内視鏡下手術・技術認定医
日本脊椎脊髄病学会:脊椎脊髄外科指導医
日本専門医機構:整形外科専門医
脊椎脊髄病専門医
難病指定医
身体障害者福祉法(肢体不自由)指定医
【所属】
日本整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会
【ひとこと】
H5年に和歌山医大を卒業後、整形外科学教室に入局しました。1999年から脊椎外科を専門とし特に脊椎内視鏡手術治療に取り組み、和歌山医大・角谷整形外科病院・紀南病院に勤務中に3000例ほどの執刀経験を得ました。その後、多根総合病院(大阪)・あいちせぼね病院(愛知)でさらに1400例ほどの執刀経験をつみ、2021年1月中旬から紀和病院で勤務することとなりました。超高齢者社会となった今、寝たきりとならずにできるだけ自分の足で立って歩けるような生活を送れるお手伝いをさせていただきたいと思います。しびれや神経痛でお困りでしたら、お気軽に診察にお越しください。

非常勤医 延與 良夫(えんよ よしお)

【略歴】
島根大学(平成10年卒)
【資格】
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会 脊椎脊髄病医
日本整形外科学会 運動器リハビリテーション医
日本整形外科学会 スポーツ医
日本脊椎脊髄病学会 指導医
日本整形外科学会 脊椎内視鏡下手術技術認定医(後方2種)
【所属学会】
日本整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会
中部日本整形外科災害外科学会
日本脊椎インストゥルメンテーション学会
【ひとこと】
せぼねに関する診療を行っております。腰痛、頸の痛み、上下肢のしびれ・痛み、歩行障害でお困りの方、骨粗鬆症でお困りの方は診察させていただきます。患者様一人一人に合わせて治療方針を決定します。
【趣味】
スポーツ観戦