教育体制

紀和病院は、確かな知識と技術を身につけ、状況に応じて根拠に基づいた看護が提供できるよう、目標に応じた教育研修を行います。新人看護職員研修で、看護師としてのベースを身につけ、その後は経年別に応じた教育内容で研修を行っています。
2012年度からはe-ラーニングシステム(学研ナーシングサポート)による学習を取り入れ、同じ内容の研修をどのスタッフも同じ条件で学習できる環境を整えました。e-ラーニングシステムのため、インターネット環境であれば、どこでも学習する事ができます。またスマートフォンにも対応しています。

新人看護職員研修

入職2日間は、他職種の新入職員とともに院内新入職研修を受けていただきます。またその後に新人看護職員だけで、5日間の集合研修を行います。少人数で実施するため、ゆっくりと反応を確認しながら研修を行う事ができます。また毎月1回e-ラーニングシステムの「新人看護師向けコース」を集合研修として開催しています。その他に、「急変時の対応」「多重課題」「コミュニケーション技術」など演習を取り入れた研修を年間通して、行っています。

新人看護職員研修体制=「チームサポート制」

当院の新人看護職員教育体制として、2011年度より「チームサポート制」を取り入れています。チームサポート制は、プリセプターシップのような1対1の関係ではなく、先輩看護師がチームとなり新人看護師をサポートする仕組みです。

年間教育スケジュール

多様な基礎教育を受けた方や、勤務経験を経て入職しているスタッフが大勢います。そのため、経年別教育を取り入れ、無理なく教育スケジュールに参加できるよう、時間内研修も企画しています。
当院では、e-ラーニング教育システムを取り入れており、パソコンやスマートフォンで自分の都合の良い時間に学習ができ、無理なく家庭と仕事の両立ができるよう配慮しています。

経年別年間教育スケジュール

教育委員会だより(はーと)

月1回のペースで、研修風景の報告、翌月の研修予定などを載せたお便りを発行しています。

はーと(教育委員会だより)