看護部紹介

看護部理念

  • 患者さんの尊厳を守り、信頼される看護の提供を行います
  • 地域連携を密にし、継続看護を推進します

看護部方針

  • チーム医療に基づき、良質な看護を提供します
  • 安全で安楽な療養環境を提供します
  • 専門職として知識・技術の向上をめざし自己研鑽します
  • 地域医療機関との連携をはかり信頼関係に努めます
  • 看護の立場から病院経営・運営に積極的に参画します

目指す看護師像

  • やわらかい態度で寄り添う看護師
  • 自分で考え、行動できる看護師
  • チームワークを大切にして行動できる看護師

看護部年度目標

2017年度看護部目標

1 安全・安心な質の高い看護・介護を提供する
  • 看護の専門性を発揮し、チーム医療を推進する
  • 入院患者状況に応じた看護職の適正配置を行う
  • リーダーシップ・メンバーシップ能力を高める

    行動計画:
    リソースナースの活用
    リリーフナースの調整
    管理職研修・学研ナーシング受講

    目標値:
    BLS・ACLS研修企画・実施 100%
    災害マニュアルの見直しと訓練実施 100%
    各部署における認知症ケアの見直し 100%
    個人に応じた目標支援 60%
    eラーニング受講率30%アップ

  • 看護を可視化し質評価の推進を図る

    行動計画:
    看護評価指標項目を提示する

    目標値:
    各部署の目標評価を数値化する 100%

2 組織の一員として病院経営に参加する
  • コスト意識をもつて看護に取り組む
  • 在宅の視点を持った看護師の育成

    行動計画:
    診療報酬を考慮した、業務改善を行なう
    各部署の医材・物品・消耗品の整理整頓を行なう

    目標値:
    認知症ケア加算・在宅訪問加算・OP前歯科診療加算
    退院支援加算・排泄自立加算・透析室フットケア等算定100%
    中堅者の退院調整数平均3例以上
    研修参加数UP

3 活気ある、働き続けられる職場環境作りを行なう
  • 看護職の確保、定着を図る
  • ポジティブな考えで行動する

    行動計画:
    WLBを意識して、職務満足度を向上させる取り組みが実施できる
    フィシュ哲学を導入する
    時間配分を考えた業務改善をする
    アサーティブに会話できる手法を学ぶ

    目標値:
    前年度より時間外削減
    前年度より離職率の軽減
    個人に応じた目標支援 100%

看護体制

看護部長 池田 亜矢子
看護師長 9名
認定看護師 慢性呼吸器疾患看護認定看護師 1名
糖尿病看護認定看護師 1名
救急看護認定看護師 1名
皮膚・排泄ケア認定看護師1名
看護配置 入院基本料 7:1(一般病棟)
勤務体制 二交代制
看護単位 8単位
看護方式 チームナーシング・プライマリーナーシング・固定チームナーシング