病院からのお知らせ

第5回乳がんいのちプロジェクト市民公開講座のご案内

私たちが2年越しにご講演いただくのをお待ちしていた方がいます

そして今年10月、その想いが叶います

「112日間のママ」著者 読売テレビアナウンサー 清水 健さん

2013年6月にスタイリストをしていた奈緒さんと結婚しましたが、2014年4月、妊娠が分かった直後に乳がんが見つかります。そして闘病ののち、2015年2月、奈緒さんが逝去。そのとき、長男は生後112日でした…。

2月8日に小学館から発売された著書「112日間のママ」には、奈緒さんとの結婚から、妊娠中の乳がん発覚、その後の出産、闘病、そして最後の日々までが、悲しみと悔恨を込めて驚くほど克明に記されています。当たり前の日常が失われていくリアルな記述。

清水アナウンサーから皆さんへのメッセージ。

「同じように闘っていらっしゃる方々がたくさんいる。今の僕にできること…、ほんとに少しでもいい、エールを贈ることができるならば…。僕自身も、この手記の意味を『これから』、問い続けていきます。」

開催日:2016年10月29日(土)

一部 講演会

開場13:30~、開演14:00

会 場:橋本市産業文化会館アザレア

 

二部 ライトアップ点灯式

17:30~

会場:世界遺産 慈尊院

一部・二部とも予約不要、入場無料

乳がんいのちプロジェクト実行委員会事務局(紀和病院内)お問合せ:0736-34-1317

ぜひご来場ください