病院からのお知らせ

「S・M・C(医学部進学支援プロジェクト)」面接練習の様子です

昨年の12月15日、一昨年に引き続き智辯学園高校3年生の生徒さん3名が来院され、紀和病院で大学入試さながらの模擬面接を実施しました。

この取組みは、紀和ブレスト(乳腺)センター長 梅村定司医師が、中・高校時代を学んだ母校 智辯学園とタッグを組み、医学部を志望する高校生を対象に2019年度に始動させた「S・M・C(医学部進学支援プロジェクト)」です。

面接官役として智辯学園の卒業生でもある当院 副院長 居平典久医師と、実際の医学部入学試験で面接官としての経験がある土生康雅医師協力のもと、たっぷり2時間、練習をしていただきました。

 

医師を志す智辯学園の生徒のみなさんと一緒に今年も現役合格を目指します!