和歌山県内初 乳がん専門センター

〒648-0085 和歌山県橋本市岸上23-1

地図を見る

受付時間 AM8:00~11:30/PM12:30~16:00 0736-34-1255

TOP > スタッフ紹介

スタッフ紹介

センター長 梅村 定司(うめむら ていじ)

ごあいさつ

センター長 梅村 定司

食生活の欧米化により日本では急激に乳がんにかかる女性の数は増えています。現在日本では生涯11人に1人の女性が乳がんになるとされています。
もう乳がんは他人事ではなく、突然あなたの身に降りかかります。そういう状況を踏まえ乳がんになった患者さんが安心して治療に専念していただく施設が必要という思いから2009年9月に紀和病院に乳がん治療を専門に行うブレスト(乳腺)センターを立ち上げました。

ブレストセンターでは検診から診断、治療そして症状緩和まで途切れる事なく一貫した診療を行います。「当センターで世界標準の治療」と「患者さんの心に寄り添う乳がん診療」をモットーに医師、看護師、放射線技師、薬剤師、理学療法士、栄養士等で構成されたブレストチームが患者さんの治療を全面的にサポートする体制を作っています。私たちは常に患者さんおよびご家族の方にご満足いただける医療の提供を心掛けて診療を行っています。

略歴

出身大学 和歌山県立医科大学
所属学会 日本外科学会、日本乳癌学会、日本乳癌検診学会
日本癌治療学会、日本臨床外科学会、日本臨床腫瘍学会
日本呼吸器外科学会、日本抗加齢医学学会
資格・認定・専門医
  • 医学博士
  • 日本乳癌学会専門医
  • 日本乳癌学会指導医
  • 日本外科学会専門医
  • 日本抗加齢医学専門医
  • 麻酔科標榜医
  • NPO法人日本乳がん検診精度管理中央機構認定 検診マンモグラフィA評価読影医師
  • 日本臨床腫瘍学会暫定指導医
  • 日本癌治療認定医機構暫定教育医
  • 日本リンパ浮腫治療学会評議員

横谷 倫世(よこたに ともよ)

略歴

横谷 倫世
出身大学 自治医科大学
所属学会
  • 日本外科学会
  • 日本乳癌学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本大腸肛門病学会
資格・認定・専門医
  • 日本乳癌学会認定医
  • 日本外科学会専門医
  • 近畿外科学会評議員
  • NPO法人日本乳がん検診精度管理中央機構認定 検診マンモグラフィ読影医師
ひとこと 乳癌検診、および乳腺手術を担当させていただきます。

鈴木 慎一郎(すずき しんいちろう)

略歴

鈴木 慎一郎
出身大学 金沢医科大学
所属学会
  • 日本内科学会
  • 日本呼吸器学会
  • 日本呼吸器内視鏡学会
  • 日本臨床腫瘍学会
資格・認定・専門医
  • 日本内科学会内科認定医
ひとこと 周術期・進行期乳がんはホルモン療法、分子標的薬、抗体薬物複合体、免疫チェックポイント阻害薬など様々な薬剤を用いて治療いたします。それぞれ、治療効果・副作用は多種多様で、患者様の希望に合せた治療選択をすることが大切です。
また、乳がんによる症状に応じて臓器横断的な診療が必要です。全身を診る腫瘍内科医として患者様に寄り添った医療を提供すべく最善を尽くします。
また、遺伝子パネル検査などのゲノム医療に関しては近畿大学腫瘍内科と連携し、患者様に適した治療をともに考えます。そして、社会的サポートに関しても医療スタッフ一同で支えます。

看護部

当ブレストセンターは、乳腺疾患の早期発見となる啓発活動から、診断・治療の全てにおいて多職種間との連携を強化し適切な診断・治療方針を決定しております。自己検診の推奨や最新の医療機器を導入したことで、より一層早期乳がんの発見に有効となっています。
また遺伝性乳がんにも取り組みを始めました。乳がんと診断され精神的肉体的に辛い思いをされている患者様とご家族様が、安全に安心して治療を受けていただけるよう、心に寄り添う継続したサポートを心掛けています。

ブレスト(乳腺)センター
クリニック外来主任
門 美帆

ピンクリボンアドバイザー

女性の壮年層(30~64歳)のがん死亡原因のトップが乳がんです。
早期発見であれば90%の人が治癒するにもかかわらず検診を受けている人は3人に1人程度とまだ少ないのが現状です。
「検診にいきたいけど、きっかけや勇気がなくて・・・」という声を聞きます。
自分のいのち、大切な人のいのちを守るため自己検診方法の指導、乳がんや乳がん検診の重要性について理解し一人でも多くの人に乳がん検診を受けて頂ける手助けをしていきたいと思います。

ピンクリボンアドバイザー 中西郁代

リンパ浮腫療法士(セラピスト)

リンパ浮腫の発症は婦人科癌の手術をうけた患者様の約4人に1人の方が発症し、その中の約半数が、一生浮腫が持続するとも言われています。しかし、浮腫が発症してから早期に適切な治療を行うことでほとんど左右差なく改善することができます。時間はかかりますが何年も経過された浮腫も治療は可能です。病院にかかることをためらわずに、すぐに主治医と相談して下さい。また、適切な治療方法を身につけていただければ自分でもケアすることができます。