2020年度 医療法人南労会紀和病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 7 17 17 60 70 152 353 523 369

年齢層は、昨年度同様60歳以上の占める割合が全体の8割超となっており、高齢者の割合が高くなっています。
年々高齢者割合は増加傾向にあり、昨年度比較では大きな割合変化はないもの、各年齢層では患者数は増加しており、地域高齢化が進んでいると考えられます。
ケアミックス病棟を有する当院はその特色を生かし、高齢化社会へ対応した医療を行っています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 140 37.58 20.51 1.43 87.73
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 60 30.17 13.00 1.67 86.75
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 40 22.90 17.23 0.00 91.03
060130xx9900xx 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 15 10.80 7.71 6.67 75.93
0400801499×001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なしA-DROP スコア1 14 20.57 13.93 0.00 85.71

内科では、呼吸器・消化器・循環器・代謝・糖尿病の総合診療科で治療を行っています。
高齢者の誤嚥性肺炎と肺炎、尿路感染症が上位の疾患を占めており、重症化しやすい為、長期入院になることが少なくありません。
また心不全で入院される高齢者も年々増加傾向にあります。


外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 11 6.36 4.86 0.00 72.91
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - - - -
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - - - -
060241xx97xxxx 痔核 手術あり - - - - -
060335xx99x00x 胆嚢炎等 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - - - -

外科では鼠経ヘルニアがトップとなっておりますが、虫垂炎、腸閉塞、胃悪性腫瘍等もあり、外科症例及び手術件数も年々増加傾向にあります。


整形外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 35 56.57 18.81 0.00 82.51
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 27 74.63 25.09 0.00 85.22
160800xx99xxxx 股関節・大腿近位の骨折 手術なし 17 39.59 15.20 23.53 87.29
160990xx99x0xx 多部位外傷 手術なし 手術・処置等2なし 10 47.10 17.12 10.00 80.90
160820xx99xxxx 膝関節周辺の骨折・脱臼 手術なし - - - - -

整形外科に関しては、高齢者の転倒時に発症しやすい股関節大腿近位骨折、胸椎・腰椎以下骨折損傷が多くを占めております。
当院は、回復期リハビリテーション病棟を有しており、急性期治療(手術)から回復期、さらには在宅・介護まで一連で切れ目なく提供できる体制をとっています。手術なし症例が第1位、3位となっているのは、当院で急性期治療を行った患者様だけでなく、近隣医療機関で手術を施行したのち、リハビリテーションが必要な患者様の受入も行っている事を表しています。


脳神経外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060×0990201 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 18 89.67 15.66 0.00 75.17
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 11 99.55 18.86 9.09 74.55
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - - - -
010060×0990210 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病1あり発症前Rankin Scale 3、4又は5 - - - - -
010060×0990211 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - - - -

脳神経外科では、脳梗塞および脳出血の症例が大半を占めています。
当院は、回復期リハビリテーション病棟を有しており、当院で急性期治療を終えた患者さんだけでなく、近隣医療機関で急性期治療を終えたのち、リハビリテーションが必要な患者さんの受入も行っている事を表しています。(第3位以下は患者数10未満のため非表示)
平均在院日数が長いのは、回復期リハビリテーション病棟でQOL向上の為、長期にかけて廃用予防や日常生活の早期自立を目指して、リハビリテーションを行っている為です。


乳腺外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx010xxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等1なし 51 11.08 10.30 0.00 61.51
090010xx02xxxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 23 5.57 6.02 0.00 61.78
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 - - - - -
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり - - - - -
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - - - - -

乳腺外科では、検診から診断、治療そして症状緩和まで途切れる事なく、多職種で構成されたブレストチームが、患者さんを全面的にサポートする体制をとっています。 乳がん治療では、手術症例が大半を占めており、中でも乳房部分切除術症例が大半を占めています。また、下肢静脈瘤の手術も行っております。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 8
大腸癌 - - - - - - 1 8
乳癌 27 26 - - - - 1 8
肺癌 - - - - - - 1 8
肝癌 - - - - - - 1 8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

乳癌に関して、Ⅰ期Ⅱ期の割合が非常に高く、検診などで早期発見・早期治療が行われていることを表しています。
また当院では、トモシンセシスを備えた新機能マンモグラフィーを導入し、通常の撮影方法では日本人女性に多い高濃度乳腺の人などは乳腺全体が白く写り病変と正常組織が重なって、乳がんが乳腺に隠れて見つけにくかったものが、トモシンセシスでは、はっきり写るため、乳がんの早期発見・早期治療に繋がっています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 11 10.38 58.50
中等症 58 68.76 83.19
重症 10 23.78 84.11
超重症 - - -
不明 - - -

この指標では細菌による肺炎を集計しており、インフルエンザウイルスなどのウイルスによる肺炎や食べ物の誤嚥による肺炎、 気管支炎などは集計対象外です。
成人市中肺炎の重症度別患者数に関しては、中等症が多くを占めており、重症度が高くなるほど、平均在院日数が長くなり、高齢化傾向にあります。

脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 18 52.22 80.39 0.00
その他 48 107.50 79.65 0.00

脳梗塞(I63$)に分類される症例の割合が最も高くなってます。
当院は回復期リハビリテーション病棟を有している為、他医療機関で急性期治療を終えたのち、回復期リハビリテーションを目的に転院されて来られる患者様を多く受け入れています。その為、その他患者数の方が多く、回復期病棟では在宅復帰に向け重点的にリハビリテーションを行っています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 12 83.42 137.33 0.00 78.75
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) - - - - -
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 - - - - -

本来は内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術が上位を占めるはずですが、特定入院料を算定している地域包括ケア病棟で実施している為、集計からは省かれております。胃瘻造設術については、回復期や療養目的で病状的に栄養摂取が困難な患者様に今後の方針等説明を十分に行った上で、手術を行っております。


外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 11 0.55 4.82 0.00 72.91
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 10 5.80 5.60 0.00 58.00
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) - - - - -
K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術) - - - - -

第1位は、鼠径ヘルニア(脱腸)に対する鼠径ヘルニア手術となっており、第2位は、胆嚢結石症に対する腹腔鏡下での胆嚢摘出術となっています。共に短期入院で行えます。次いで第3位は、がん患者に対する抗悪性腫瘍剤持続注入用植込型カテーテル設置となっています。(患者数10未満のため非表示)


整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 17 10.35 62.24 0.00 84.12
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 17 7.12 71.29 0.00 84.35
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) - - - - -
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他) - - - - -
K037 腱縫合術 - - - - -

前年度同様に大腿骨骨折に対する接合術が最も多く、次いで人工骨頭挿入術となっています。平均年齢は80歳を超えており、高齢者の手術が大半を占めています。患者数は前年より増加傾向にあり、地域高齢化が進んでいることを考慮すると、大腿骨近位部骨折に対する骨接合術や人工骨頭置換術は今後さらに増加することが予測されます。


乳腺外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 36 1.00 7.39 0.0 61.67
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 23 1.00 3.57 0.00 61.78
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 14 1.00 13.64 0.00 61.43
K617-2 大伏在静脈抜去術 - - - - -
K0071 皮膚悪性腫瘍切除術(広汎切除) - - - - -

乳腺悪性腫瘍手術は、切除範囲等により手術項目が細分化されているため、上位に計上されていますが、悪性腫瘍手術件数としては少なく計上されています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 12 0.77
異なる 5 0.32
180010 敗血症 同一 17 1.08
異なる 6 0.38
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 7 0.45
異なる 1 0.06

入院契機」の「同一」とは、今回入院治療が必要と判断された傷病名で、入院後も継続して治療を行った患者様です。「異なる」とは、今回入院治療が別の傷病名で必要と判断され入院したが、併存していた、若しくはその後に発生した表中の傷病名による治療に、多くの医療資源を投入した患者様です。
当院は、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い施行しています。起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明した上で、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。