内科

呼吸器内科

診療内容

一般内科診療は、患者様の全身状態を診て、中心となる病態を探り、最も必要な治療は何かを明らかにする様進めていきます。

呼吸器内科は、呼吸器疾患全般にわたり診療いたします。胸部レントゲンやCTなどの画像検査、喀痰検査、換気機能検査等で診断が確定しない場合は気管支鏡検査を行い、各種疾患の診断並びに治療にあたります。

当院で検査や治療が出来ない場合は、適切な専門病院にご紹介いたします。

対象となる主な疾患

  • 肺炎、気管支炎、胸膜炎などの感染症
  • 気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、肺気腫、気管支拡張症
  • 肺癌の診断
  • 間質性肺炎、その他のびまん性肺疾患
  • 塵肺、振動障害などの職業病
  • 気胸
  • 肺結核、非結核性抗酸菌症
  • 慢性の咳
  • 睡眠時無呼吸症候群:検査と在宅CPAP
  • 慢性呼吸不全:在宅酸素療法やNPPV、CPAPを含め各種人工呼吸管理を行います。
  • 神経筋疾患で呼吸管理を要する病態:長期人工呼吸管理、在宅非侵襲的人工呼吸(NPPV)
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)、多系統萎縮症などの神経難病
  • 頚髄損傷、遷延性意識障害

担当医紹介

理事長 佐藤 雅司(さとう まさし)

【略歴】
奈良県立医科大学(昭和59年)
【資格】
日本医師会認定産業医
【所属学会】
日本内科学会

日本職業災害医学会

日本透析医学会
【ひとこと】
紀和病院に勤務して30年になります。呼吸器を中心に内科一般を診させてもらいながら、患者さんが働いていたときの顔、地域の人々と生きてこられたときの顔、家族に囲まれている顔を重ね合わせながら、診断治療に当たります。
【趣味】
里山歩き、バードウオッチング、パズル一般

医局長 内科部長 川幡 誠一(かわばた せいいち)

【略歴】
大阪大学 医学部(昭和48年)
【資格】
日本内科学会認定内科医

日本呼吸器学会呼吸器専門医

日本結核病学会 結核・抗酸菌症指導医
【所属学会】
日本内科学会

日本呼吸器学会

日本集中治療医学会

日本呼吸管理学会

日本結核病学会
【ひとこと】
呼吸器を中心に内科診療に当たります。酸素療法、人工呼吸などの呼吸管理に長く携わりましたが、肺炎、COPD、喘息、間質性肺疾患、咳、睡眠時無呼吸症候群、結核、非結核性抗酸菌症などを中心に診せていただきます。
【趣味】
ジョギング・山歩き

ページの先頭へ戻る

消化器内科

診療内容

消化器内科では胃腸疾患、肝胆膵疾患と幅広い疾患分野を取り扱っています。胃腸疾患は内視鏡を用いて早期の診断治療を行っています。肝胆膵疾患では急性、慢性を問わず早期の診断、適切な治療を心掛けています。また、消化器癌の早期発見に努め、当院や近隣病院の外科との連携のもと早期治療にあたります。

対象となる主な疾患

消化管疾患
  • 逆流性食道炎、食道潰瘍、食道癌、食道静脈瘤
  • 急性胃炎、慢性胃炎、ヘリコバクターピロリ感染症
  • 胃潰瘍、急性胃粘膜病変、胃ポリープ、胃癌、MALT リンパ腫
  • 十二指腸潰瘍、十二指腸腫瘍、GIST
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)

    5-ASA やステロイド療法だけでなく、CAP 療法や抗TNF-α抗体製剤を用いた治療を行います。
  • 大腸ポリープ、結腸癌、直腸癌
  • 大腸憩室炎、虚血性腸炎、感染性腸炎
肝胆膵疾患
  • ウィルス性急性肝炎、慢性肝炎(A,B,C,D,E,型肝炎、EB ウィルス、CM ウィルス)

    C 型慢性肝炎に対してDAA 経口療法も行います。
  • アルコール性肝炎、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)、薬剤性肝障害
  • 自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変
  • 肝硬変、肝臓癌、良性肝腫瘍(肝血管腫など)
  • 急性胆嚢炎、急性胆管炎
  • 胆石症、原発性硬化性胆管炎
  • 胆嚢癌、胆管癌
  • 急性膵炎、慢性膵炎
  • 膵嚢胞性疾患、IgG4 関連疾患、膵臓癌

消化器関連の検査

( )内は2017 年度の検査件数

  • 上部消化管内視鏡《内視鏡的胃瘻造設術を含む》(2248 件)
  • 食道静脈瘤結紮術および食道静脈瘤硬化療法(0 件)
  • 全大腸内視鏡(223 件)

    内視鏡的大腸ポリープ切除術(77 件)

    {腺腫内癌(3 件)、大腸腺腫(69 件)、その他良性ポリープ(5 件)}

    (注:個数ではありません)

    生検病理検査で確定:結腸進行癌(7 件)、直腸進行癌(2 件)
  • S 状結腸内視鏡検査(21 件)
  • ERCP(ERBD、EPBD を含む)(10 件)
  • 内視鏡的胃瘻造設術(7 件)

平成28 年度から、超音波ガイド下肝生検やソナゾイドを用いた造影超音波検査を予定しています。

担当医紹介

副院長 居平 典久(いひら のりひさ)

【略歴】
徳島大学 医学部(平成2年)
【資格】
日本内科学会認定内科医・指導医

日本消化器病学会消化器病専門医

日本肝臓学会肝臓専門医

日本医師会認定産業医

日本化学療法学会推薦ICD

日本静脈経腸栄養学会所属TNT

難病指定医
【所属学会】
日本内科学会

日本消化器病学会

日本肝臓学会

日本消化器内視鏡学会

日本化学療法学会

日本静脈経腸栄養学会

日本透析医学会
【ひとこと】
消化器疾患全般の診療と治療を担当させていただきます。経鼻内視鏡を用いた苦痛の少ない内視鏡検査、NBI(狭帯域光法)という新しい内視鏡システムや腎臓疾患をお持ちの患者様にも使用できる造影超音波検査を用いたより正確な画像診断を行い、地域の皆様に信頼される病院を目標に頑張ります。
【趣味】
スポーツ観戦(特に野球)、サイクリング、写真

消化器内科部長 出島 牧彦(でじま まきひこ)

【略歴】
京都府立医科大学(昭和62年)
【所属学会】
日本内科学会

日本消化器病学会

日本消化器内視鏡学会

日本大腸検査学会

日本超音波医学会

日本産業衛生学会

日本職業・災害医学会

日本公衆衛生学会

日本衛生学会
【ひとこと】
紀和病院からは、町石道がたどる山々や高野山の弁天岳、雪池山がみえます。
【趣味】
鉄道、作品の舞台やロケ地訪問

ページの先頭へ戻る

循環器内科

診療内容

当院は高齢者の方の入院が多いので、循環系に問題がある方が、多数おられます。外科系に入院した患者さんについても入院時に診察し循環系の評価をし、内容を担当医にお知らせしています。

対象となる主な疾患

高血圧疾患、不整脈、閉塞性動脈硬化症などの末梢動脈などの慢性疾患

担当医紹介

小味 典子(こみ のりこ)

【略歴】
奈良県立医科大学(昭和60年)
【所属学会】
日本循環器学会
【ひとこと】
超高齢化社会の中で、安心して在宅療養を継続できるように支援していきたいと思います。

ページの先頭へ戻る

糖尿病・代謝内科

診療内容

糖尿病治療は一生涯に渡る長い治療・コントロールが求められます。

個々の患者さまの病態を把握し、最適の治療を選択し疾患のコントロール、予後の改善をめざす、いわゆるテーラーメイド治療の実践をしています。

対象となる主な疾患

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 脂質代謝異常
  • 甲状腺疾患

担当医紹介

岡村 哲明(おかむら てつあき)

【略歴】
愛媛大学 医学部(昭和59 年卒)
【所属学会】
日本内科学会

日本糖尿病学会
【ひとこと】
卒後30 年余り、内科全般の診療を経験して来ました。ここ10 数年は、糖尿病を中心とした代謝疾患と、甲状腺疾患を担当しています。代謝疾患の代表である「生活習慣病」の食事指導には、その人の生活パターンの理解が重要だと考えています。
【趣味】
テニス、サイクリング(クロスバイクで1 回30km 程度走ります)

野菜栽培(および農作業)、にわとり飼育(チャボ・小シャモ)

小河 健一(おがわ けんいち)

【略歴】
琉球大学医学部(平成8年卒)
【資格】
日本内科学会認定医

日本糖尿病学会専門医
【所属学会】
日本内科学会

日本糖尿病学会

日本肥満学会

日本病態栄養学会

日本糖尿病合併症学会

日本体質医学会

日本神経学会

日本末梢神経学会

日本プライマリ・ケア連合学会

日本老年医学会

日本臨床分子医学会

和歌山医学会
【ひとこと】
2018年4月より毎週1回、内科外来(主に糖尿病・代謝内科)を担当させていただくことになりました。糖尿病といかにうまく付き合っていくか、生活習慣をどう変えていくか、一緒に考えていきたいと考えています。
【趣味】
映画鑑賞

内科(総合診療科)

診療科の紹介

当科では、患者様を総合的に診る診療科として、全身を意識した医療、患者様の背景を意識した医療、患者様の心に寄り添う医療を目指しております。丁寧な問診、丁寧な診察をモットーに見逃すことのできない責任感のもとに診断、治療に取り組んでおります。人を診ずして病気、臓器のみを診ないように心がけております。

診療内容

内科、外科といった主だった科のみならず、精神科、皮膚科、小児科等の幅広い領域での初期診療を行うことが特徴ですが、特に内科新患患者様の診察、どこの科でも診療対象になりにくい症状(不明熱、体重減少、全身倦怠感など)の診療を行い診断、治療を行います。当科で治療が完了する場合もありますし、精査の後、専門科での治療が必要と判明した場合は、専門科に紹介しております。外来ではどの科で診療を受けたらよいかわからない患者様の適切な専門科紹介なども行っております。特に当科で精査を行い生活習慣病などの慢性疾患が判明した場合は当科にて必要な検査、治療を行います。生活習慣病の予防にも力を入れ、病気の発病を防ぐように患者指導も行っております。最後に、専門的な診療を必要とする病気は実際にはそれほど多くないといわれ、個々の臓器別に診療するのではなく、総合的に診断することで95%までが検査なしに診断ができるため過剰検査を抑制する要となります。

担当医紹介

藤原 駿朗(ふじわら しゅんろう)

【略歴】
神戸大学 医学部(昭和43年)
【資格】
日本医師会認定産業医
【ひとこと】
私は内科医で、永年老人医療に携わってまいりました。2014年春より主に健診を担当しています。

世は飽食の時代、高齢化社会と云われています。生活習慣病では、各人が生活習慣を改め、生活改善が第一と思います。私はそのお手伝いが出来ればと思います。

土生 康雅(はぶ やすまさ)

【略歴】
自治医科大学(平成2年卒)
【資格】
日本内科学会認定医

日本医師会認定産業医
【所属学会】
日本内科学会

日本プライマリケア学会

日本呼吸器学会
【ひとこと】
自治医大のモットーである専門にこだわらず、内科全般に、時には小外科も対応できる総合診療を目標にこれまで地域医療にたずさわってきました。人を診ずして病気のみを診ることがないように、日々患者様、ご家族の心に寄り添っていける医師をめざしております。皆様どうぞよろしくお願いします。
【趣味】
料理(和洋中、鍋物等、時にはパンやピザも焼きます)

山登り(以前やっていましたが、最近また始めました)

お経読み(幼い頃より、ご先祖様を敬っております)

ドライブ(新車が欲しくなっています)

吉田 康弘(よしだ やすひろ)

【略歴】
滋賀医科大学(平成6年)
【資格】
日本医師会認定産業医

医学博士
【所属学会】
日本内科学会

日本老年医学会

日本救急医学会

日本産業衛生学会
【ひとこと】
平成28年10月に赴任しました。医療療養病棟と内科系救急外来を担当させていただきます。地域の皆さんに寄り添った全人的医療をこころがけています。よろしくお願い申し上げます。
【趣味】
音楽鑑賞(POP)、テニス

人工透析内科

担当医紹介

早川 敬(はやかわ たかし)

【略歴】
関西医科大学(平成4年卒)
【所属学会】
日本透析医学会
【ひとこと】
平成28年8月から赴任となりました。

現在、透析を受けておられる患者さんの回診を行っております。

今まで学んできた知識を総動員して、治療にあたらせて頂きます。

といっても堅苦しい人間ではありませんので、お気軽にご相談下されば幸いです。
【趣味】
釣り(へら、磯)、テニス