放射線科

 

基本目標

  • 私たちは放射線業務に従事していることを常に意識して業務に努めます。
  • 患者さんの立場を理解し、且つ最大の画像情報の提供に努めます。
  • 医療被ばくを最小限に止めるように努めます。
  • 患者さんの安全に細心の注意を払い、検査をするように努めます。

 

ご説明

放射線科では、診療放射線技師 男性6名 女性3名の計9名に加え、事務スタッフ1名が勤務しており、〝質の高い検査〟〝患者さんに優しい検査〟をモットーに24時間体制にて業務を行っています。当科の検査として、通常のレントゲン撮影、64列のマルチスライスCT、3テスラMRI、X線TV、マンモグラフィを有しており、それぞれの放射線機器に精通した技術をご提供できるよう習熟に努めています。そして乳がん検診でのマンモグラフィ検査に対しては、女性技師が対応し、受診者のみなさまには検診を受けて頂けやすい環境にも配慮しています。
また、地域医療への貢献のため近隣開業医の先生方を中心に他の医療機関からの検査のご依頼にも対応しています。
検査のご依頼につきましては、「医療機器の共同利用について」にて掲載していますのでそちらをご覧ください。

 

各種検査装置

紀和病院 放射線科では、さまざまな画像診断装置を使って多くの種類の検査をおこなっています。

  • 単純X線撮影装置
  • CT(コンピュータ断層)装置 Aquilion™ / CXL Edition (64列マルチスライスCT)
  • MRI(磁気共鳴画像)装置 Vantage Titan™3T Saturn Gradient (3テスラMRI)
  • X線透視撮影装置
  • マンモグラフィ装置
  • 外科用イメージ装置(手術室で使用します)
  • 骨密度測定装置

 

2.CT(コンピュータ断層)装置

Computed Tomography(コンピュータ断層撮影)の頭文字ととってCT検査といわれています。X線を体のまわりを回転させながら照射し、そこから得られた情報をコンピュータが処理し、断層画像(体を輪切りにしたような画像)にして、体内のようすを詳しく調べる検査です。
当院は64列のマルチディテクターCT装置を導入しています。低被爆にて高精細画像を可能にする最新のテクノロジーを搭載した装置で、詳細な3D(3次元)構成も可能です。また、64列と検出器を多く搭載しながら0.5秒で1回転するため、患者さんの息止めの負担を軽減することが可能です。

 

3.MRI(磁気共鳴画像)装置

磁石の力で体内の磁気に対する共鳴作用を利用して、体のいろいろな部分を縦、横、斜めなどあらゆる角度から画像としてうつしだして体内のようすを調べる検査です。MRIでは、血管の状態も観察することができます。またX線ではうつし出せない骨に囲まれた脳や脊髄などもうつしだせます。
紀和病院 放射線科の中では、唯一の放射線を使わない検査です。
当院のMRI装置は3T(テスラ)という高い磁場強度を有するMRI装置を導入しています。
検査は、寝台に横になったまま、ガントリーというドーム状の装置の中に入って受けます。時間は検査する部位で違いますが約20分~40分程度かかります。放射線を用いないので被ばくの心配がなく、何度でもくり返し受けることができますが強力な磁気を用いるので、骨折の治療などで骨に金属を入れている人、心臓ペースメーカーや人工弁、手術で金属製クリップを装着している人は、検査を受けられないこともあります。

画像をクリックすると拡大します。