病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 16 27 29 63 117 249 399 609 255

当院は二次救急対応病院として地域の救急医療の必要性に応えるとともに、各診療科が密接に連携して、総合的な診療を行っています。
年齢層は、60歳以上の占める割合が全体の8割超となっています。これは、当医療圏の住民の約3人に1人が65歳以上と急速に高齢化が進んでいることを反映しています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 220 25.80 21.69 12.98 84.78
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 136 14.51 14.34 3.10 74.89
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 120 1.04 2.93 0.00 65.31

内科では、呼吸器・消化器・循環器・代謝・糖尿病・総合診療科で治療を行っています。
高齢者の誤嚥性肺炎やと肺炎が第1位、第2位の疾患を占めており、重症化しやすい為、長期入院になることが少なくありません。


外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 - - - - -
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
060220xx97xxxx 直腸脱、肛門脱 手術あり - - - - -

外科では、消化器疾患の治療を行っています。年齢層は中高年から高齢者と幅が広くなっています。
第1位は胆嚢結石症に対する腹腔鏡下での胆嚢摘出術症例、次いで第2位は胆管結石症例、第3位は鼠径ヘルニア(脱腸)に対する手術症例となっています。(患者数10未満のため非表示)


整形外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 39 25.8 28.70 0.00 85.69
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 副傷病なし 32 7.80 16.83 8.00 86.80
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 28 13.70 21.52 0.00 86.16

整形外科では、大腿骨頚部骨折の手術症例および手術なし症例が第1位、第2位を占めています。当院は、回復期リハビリテーション病棟を有しており、急性期治療(手術)から回復期、さらには在宅・介護まで一連で切れ目なく提供できる体制をとっています。大腿骨頚部骨折の手術なし症例が第2位となっているのは、当院で急性期治療を行った患者さんだけでなく、近隣医療機関で手術を施行したのち、リハビリテーションが必要な患者さんの受入も行っている事を表しています。


脳神経外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 44 8.50 15.80 0.00 80.30
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 6.40 19.32 0.00 68.57
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし - - - - -

脳神経外科では、脳梗塞および脳出血の症例が大半を占めています。
当院は、回復期リハビリテーション病棟を有しており、当院で急性期治療を終えた患者さんだけでなく、近隣医療機関で急性期治療を終えたのち、リハビリテーションが必要な患者さんの受入も行っている事を表しています。(第3位は患者数10未満のため非表示)


乳腺外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 31 6.68 6.79 0.00 61.68
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 副傷病なし 27 2.00 3.46 0.00 68.63
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 18 12.94 11.63 0.00 66.11

乳腺外科では、検診から診断、治療そして症状緩和まで途切れる事なく、多職種で構成されたブレストチームが、患者さんを全面的にサポートする体制をとっています。
乳がん治療では、手術症例が大半を占めており、中でも乳房部分切除術症例が第1位、第3位となっています。また、下肢静脈瘤の手術も行っており、第2位の症例となっています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 2 0 4 2 2 0 1 7
大腸癌 0 1 2 0 67 1 1 7
乳癌 23 36 15 0 7 8 1 7
肺癌 0 0 0 2 12 2 1 7
肝癌 0 1 0 0 1 1 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

乳癌に関して、Ⅰ期Ⅱ期の割合が非常に高く、検診などで早期発見・早期治療が行われていることを表しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 23 10.04 52.61
重症度 1 33 13.88 77.33
重症度 2 35 19.74 81.83
重症度 3 18 30.67 84.94
重症度 4 4 57.00 82.50
重症度 5 1 2.00 89.00
不明 3 8.33 72.00

重症度0の患者さんの入院期間および平均年齢は、比較的低くなっていますが、重症度が増すごとに平均年齢の高齢化と入院期間の長期化が顕著に表れています。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 2 4.50 84.50 0.00
その他 1 25.00 77.00 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 34 28.50 80.76 3.66
その他 48 14.80 78.42 4.88
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 1 6.00 64.00 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -

脳梗塞(I63$)に分類される症例の割合が最も高くなってます。当院は回復期リハビリテーション病棟を有している為、急性期から回復期まで一連で診療できる体制となっています。転院率の低さがそれを表しています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(2cm未満) 58 1.12 1.47 0.00 69.05
K7212 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(2cm以上) 13 0.62 1.46 0.00 67.62
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 13 18.46 14.85 7.69 74.69

内科では、大腸ポリープを内視鏡下で切除する症例が第1位、第2位となっており、胆管が閉塞・狭窄し胆汁の流出が不良となった場合に胆汁の流出路を作る内視鏡的胆道ステント留置術が同2位となっています。


外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 - - - - -
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - - - - -
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) - - - - -

第1位は、鼠径ヘルニア(脱腸)に対する鼠径ヘルニア手術となっており、第2位は、胆嚢結石症に対する腹腔鏡下での胆嚢摘出術となっています。共に短期入院で行えます。次いで第3位は、大腸がんに対する結腸切除術となっています。(患者数10未満のため非表示)


整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨・上腕・大腿) 24 12.17 12.53 8.33 87.21
K0811 人工骨頭挿入術 15 12.87 15.53 6.67 84.13
K0463 骨折観血的手術(鎖骨・膝蓋骨・手・足・指・その他) - - - - -

大腿骨骨折に対する接合術が最も多く、次いで人工骨頭挿入術となっています。平均年齢は80歳を超えおり、高齢者の手術が大半を占めています。(第3位は患者数10未満のため非表示)


乳腺外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋か部郭清を伴わない)) 31 1.00 4.68 0.00 61.68
K617-2 大伏在静脈抜去術 27 0.00 1.00 0.00 68.63
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋か部郭清を伴わない)) 15 1.00 8.60 0.00 60.00

乳腺悪性腫瘍手術が上位となっています。中でも乳房部分切除術が第1位、第3位となっています。また、当科において下肢静脈瘤の手術も行っており、第2位の手術症例となっています。乳腺悪性腫瘍手術は、切除範囲等により手術項目が細分化されているため、上位に計上されていますが、悪性腫瘍手術件数としては少なく計上されています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 3 0.17
異なる 5 0.28
180010 敗血症 同一 6 0.34
異なる 4 0.23
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00

厚生労働省による集計では、全症例に対する播種性血管内凝固症候群の割合は、0.17%で、敗血症の割合は0.56%となっています。当院データと比較しますと、播種性血管内凝固症候群の割合は、0.45%と若干高く、敗血症の割合は、0.57%でほぼ同じ数値となっています。

更新履歴