精神科

診療内容

精神科領域すべての疾患が対象になります。
精神科の診療では先ずお話をお伺いすることから始まります。必要があれば臨床心理士による心理学的検査をしたり、脳波・CTなどの検査も行なわれます。それ等を平行して薬物療法、精神療法などが行われます。
もし入院治療が必要であると判断されたり、さらに高い専門性を必要とするケースでは専門医療機関を御紹介させていただきます。

対象となる主な疾患

精神科領域の疾病が対象となります。

  • 神経症やストレス関連障害
  • 感情障害(うつ病、双極性感情障害など)
  • 統合失調症など
  • 高齢者の精神障害(認知症など)
  • 睡眠障害
  • 物質関連障害・物質依存症

担当医紹介

牧野 正直(まきの まさなお)

【略歴】
広島大学 医学部(昭和44年)
【資格】
医学博士(大阪大学)
精神保健指定医
日本医師会認定産業医
日本医師会認定スポーツ健康医
【所属学会】
日本精神神経学会
日本EMDR学会
日本ハンセン病学会
【ひとこと】
精神科と聞いて、どのような事を思い浮かべますか?
“こころ”も痛くなったり、調子が悪くなったりします。それは決して特別な事ではありません。
あなたが辛いと感じている事の解決に、できる限りお手伝いさせていただきます。