リハビリテーション部

当法人のリハビリテーションは、法人内で急性期から回復期、退院後の在宅支援まで途切れない訓練を受ける事が出来ます。
リハビリスタッフは、一般病棟(急性期病棟)、回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟、外来リハビリテーション、訪問リハビリテーション、通所リハビリテーション(紀和リハビリ倶楽部、みどりクリニックデイリハビリ)に配置され、理学療法士(PT)38 名、作業療法士(OT)19 名、言語聴覚士(ST)13 名、総勢70名と県下有数のスタッフ数でチームアプローチいたします。

理学療法

  • 肺炎や大腿骨頚部骨折後など寝たきりにならないように、出来るだけ早期から座位・立位訓練を行います。同時に関節の動きにくさや筋力の低下の予防・改善を図ります。
  • 脳卒中など残された機能だけでは歩けない場合は、装具を処方して歩行訓練を行います。
  • 慢性閉塞性肺疾患など動作により息切れがおこる場合は、呼吸法の指導や排痰の促進を行います。

作業療法

  • 身体機能訓練に加えて、食事・排泄・着替え・洗面・入浴などの“身のまわりのこと”や、家事・仕事・趣味活動などの“その人らしい生活”を通して「心身ともに健康な生活」が送れるように援助します。
  • 本格的な玄関、キッチン、和室などを利用して自宅に近い環境の中での動作練習を行い、退院を控えた患者さまに対しては家屋訪問や外出・外泊訓練を行っています。
  • 必要な場合は自助具や福祉用具の紹介、住宅改修の具体案を提供します。

言語聴覚療法

  • ことばによるコミュニケーションに問題がある方々に評価・訓練・その他の援助を通して社会復帰をお手伝いし、その人らしい生活・生き方が出来るように支援しています。
  • 飲み込み難くなった方々にVF 検査等で問題の本質を明らかにし、いつまでも安心安全に食べて頂けるように取り組んでいます。
  • 高次脳機能障害支援相談チームやNST の一員として活動しています。

理学・作業・言語聴覚療法を受けるには、医師の診察をお受けいただく必要があります。
ご相談だけでも気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせは、こちらにお電話下さい。0736-33-5000
リハビリテーション部 技師長 森本 まで